遥乃陽 blog

創作と改造のプライベートな趣味の世界

遣りたい事がたくさん! いつもバイオリズムとモチベーション次第。

湯涌ぼんぼり祭りの発祥・起源がアニメとの融合でも良いじゃないか !

今年で七年連続の開催になる『湯涌ぼんぼり祭り』は、基は湯涌温泉を舞台モデルとしたアニメ『花咲くいろは』の作中設定の『湯乃鷺温泉ぼんぼり祭り』です。

実際の祭りで行われるぼんぼりの点灯、『のぞみ札』の神社への奉納、小さな女の子の神様、池の畔でクライマックスの『のぞみ札』の御焚き上げ、これらは全て物語の祭り内容を忠実に再現して、湯涌温泉内の実際に在る『湯涌稲荷神社』を御祭りしています。

起源がアニメ設定と融合する特異な祭事でも実際に鎮座する神様を祭るのですから、末永く湯涌のハレの日として毎年行われて欲しいと願います。

既に世界中のアニメファンに湯涌温泉はアニメ聖地と認識されていて、その認知度と来訪客の伸びは正に神掛かり的かも知れません。

例え今後、アニメ色が薄くなっても十年、十五年と続けば、立派な伝統神事の祭りです。

f:id:shannon-wakky:20160605233857j:plain

ヒロイン達の働く喜翆荘のモデルとなった白雲楼ホテルは幼少の頃に母と泊まり、廃業直前には喫茶ルームへ行きながら館内を見て回りました。

父も委託の電気主任技術者として、廃業まで電気設備の維持、運用の保安監督の業務をしていました。

f:id:shannon-wakky:20160605233952j:plain

今は時々、温泉街の喫茶店でミンチ風オムライスを食べ、土産物屋で氷室饅頭とキャラクターグッズを買い、灯される雪洞に名前を入れ、手彫りの『のぞみ札』を奉納するだけの応援ですが、金沢で生まれ育った湯涌温泉好きの一人として、またアニメファン(オタッキー?)の一人として、無事故・無事件で自然災害も無く、末永い『湯涌ぼんぼり祭り』の継続を願っています。

f:id:shannon-wakky:20160718231952j:plain

今年(平成29年/2017年)の『第7回湯涌ぼんぼり祭り』の開催日程は、

  • 湯涌稲荷神社ぼんぼり点灯式:7月17日(月 / 海の日)20:00~。

場所:湯涌稲荷神社下階段付近

  • 第7回湯涌ぼんぼり祭り:10月8日(日)20:00~。

場所:湯涌温泉街

となっています。

湯涌稲荷神社境内のぼんぼりは、7月17日(月 / 海の日)~10月9日(月 / 体育の日)までの期間中、19:00~22:00まで境内に灯されます。

境内には、いつでも「のぞみ札」を御預かり出来るように「のぞみ札掛け」を常設しています。

奉納された「のぞみ札」は、10月8日の「湯涌ぼんぼり祭り」で「お焚き上げ」されます。

f:id:shannon-wakky:20170725205915j:plain

以下は、アニメ内の『湯乃鷺温泉ぼんぼり祭り』の謂れと、その英語と中国語の訳です。

 『ぼんぼり祭りは狐を従えた女の子の神様を祝う祭りです。10月に出雲へ帰る神様が迷子にならないために、みんなでぼんぼりをかざして道しるべを作ります。 このぼんぼりにのぞみ札と呼ばれる願い事を書いた札を下げると、願いを叶えてくれるといいます』

『Bonbori Festival”is a festival to honor the Goddess who is accompanied by foxes. In October, people decorate the road with paper lanterns called “Bonbori”, so that the Goddess won’t lose her way to Izumo. It is said that wishes written down on the “Nozomi-fuda”, a wooden plaque in Bonbori, will come true when it is put up』

『Bonbori廟會是祭祀身旁跟著狐狸隨從的女孩神明的祭日。10月份,人們會在道路邊裝飾紙燈籠“Bonbori”,以免神明找不到回來出雲市的路。傳說,在Bonbori這一天,將自己的願望寫在許願板上,願望就能夠實現』

f:id:shannon-wakky:20160718232423j:plain